【だいちハウスインターンシップ】2期生の兵頭智樹さん(ともき)にインタビュー

2017/10/02

 

竹の向こう側からこんにちは。インターンのゆきです!

 

 

今回はだいちハウスインターンシップ2期生の兵頭智樹さんにインタビューをしました!

自ら「アクティブニート」と名乗る、何とも言えない最高な男です。

 

 

 

ともきにインタビュー

 

―まずは自己紹介をお願いします!

兵頭智樹、21歳。今年の3月に消防士をやめたニートです!

 

 

ーどうして消防士をやめてニートになった今、だいちハウスインターンシップに来ることになったのですか?

僕は高校を卒業してからすぐ消防に就職しました。

お金を稼ぐ経験はその時が初めてで、上司に言われたことをしてお金を稼ぐ方法しか知りませんでした。でも社会に出ていろんな話を聞くうちに公務員以外のお金を稼ぐ世界を知りたいと思うようになって、消防に在籍中にいくつかの事業を立ち上げました。しかしどれも失敗。

 

個人事業についてちゃんと学びたいと思い、大分にいる親戚のブドウ農園に行きました。その時初めて一次産業に触れて、すごく田舎に可能性を感じたんですよね。

そこで僕が思いついたのは、田舎の農業とシェアハウスをかけあわせた【ひとおこしビジネス】

田舎のシェアハウスで社会不適合者や若者を受け入れ、みんなで一次産業をしすることを通して”ひとおこし”をしたいと思いました。

 

似ていることを実際にやっている人を探している時に矢野大地さんを見つけて、自分の足で嶺北に行って色んなことを学びたいと思って応募しました。

 

 

 

―なるほど!素敵な夢ですね。初めて高知の山奥やだいちハウスに来てみてどう思いましたか?

いろんな話をしてたくさんの人と触れ合う中で一番感じたのは”可能性”です。

田舎だからこそ若者の力や発想力を存分に発揮できる。仕事はないかもしれないけど、ビジネスチャンスはある。それらすべてに大きな可能性を感じました。

 

たった一人の大地さんの行動で、ひとつの地域がこんなにも変わるんだなってすごく感動しました。人口は減っていくけどワクワクはどんどん大きくなっていくんだろうなと感じました。

 

 

 

―ともきが約1ヶ月の滞在期間中で一番印象に残っていることは何ですか?

だいちハウスという空間に、20代の若者があんなに集ってくることが純粋にすごいなと思いましたね。すごく、いいなあって。

あの空間で若者で焚火したり、BBQしたりっていうのは素敵だなって思いました。

 

俺もこんな空間をつくりたいと思いました。

 

まあ、俺は海派だけどな(笑)

 

 

 

―実は私も海派…(笑)だいちハウスインターンシップに来ることで何か自分に変化はありましたか?

すぐにでも”ひとおこし事業”をやろうって思っていたけど、色んなことを学んだうえで「今じゃなくていいかな」って思いましたね。

まずは情報発信力や、みんなに還元できる自分の経験、繋がりをつくってからがいいなって。

 

自分の発想の幅を広げてからよりいいモノをつくることが出来ると思いました。

 

 

 

 

―だいちハウスインターンシップ中に挑戦した新しいことは?

いっぱいあるよ!

ギターや三味線もやってみました。新しいことは何でもやってみたい人だからね。

 

ブログ【兵頭◯◯を救いたい】も嶺北に来たことがきっかけで始めました。

ブログは林利生太さんと宇野友香子さんに「やったらいいじゃん」って言われて、その日に速攻開設しましたね(笑)

 

 

 

―さすが(笑)その行動力は智樹の強みだよね!だいちハウスインターンシップ終了後はどうする予定ですか?

東京でのシェアハウス立ち上げの話をもらったんですよね。僕が将来一番したいコトは場づくりだしいい機会になると思いました。東京に行くことにも意味があります。やっぱり田舎とは情報量がちいますからね、たくさん吸収したいと思います!

 

そして、もう始めてるけど、車だったらあっという間に通りすぎちゃうような道をスケボーで少しずつゆっくりと回っていきたです。本当にゆっくり。いろんな地域の人たちとたくさん話して、おいしい食べ物に巡り合って、ひとつひとつの地域を楽しみながら旅していきたいです。

 

 

 

―ともきから、これから新しくだいちハウスインターンシップへの参加をしたい人へ伝えたいコトはありますか?

だいちハウスや嶺北で何を感じるかは人それぞれだと思います。

だから、自分がそこで何を考えて何をするかを大切にしたらいいんじゃないんかな?

 

いろんな人からアドバイスも含めてたくさん言われることもあると思います。でも、あくまで高知の環境ははONEれいほくが提供する場でしかないので、自分の考えを一番大切にしたらいいと思います!

 

 

 

―最後に言い残したことがあればどうぞ!

だいちハウスの前の坂はバックするとき気を付けてください。

(智樹は脱輪して山奥までJAFを出動させました)

 

 

 

 

またね、ともき

最後まで読んでくださった皆さんならもうお分かりだと思いますが、完全にアクティブニートです。

たくさんのことに興味をもって自分の将来の夢に突き進んでいくともきのこれからが本当に楽しみですね!

 

日本中を気の向くままにスケボーで旅をしているので、見かけた方はよろしくお願いします。

 

またいつでもスケボーに乗って嶺北に遊びに来てね!

ONEれいほく一同、さらに成長した智樹に会えることを楽しみにしています。

 

 

次はキミの番だああーー!!

 

だいちハウスインターンシップへ申し込む

《 必見!! 募集中プログラムはこちら 》




Copyright ©ONEれいほく All Rights Reserved.